2006年02月02日

神戸市営地下鉄が停電!

今朝、神戸市営地下鉄で停電があり
車内に乗客が1時間ほど閉じ込められちゃったそうです!

しろたえと仲良くして下さってるブログ仲間のみなさま、
大丈夫だったでしょうか?
巻き込まれて体調悪くしてない??

私はこんなニュースを聞いただけで
貧血起こして倒れそうです〜っ!!(@_@;)

実はワタクシ、閉所恐怖症なの!
満員電車とか飛行機とか人混みとか……大の苦手なのです〜。

原因と思われることはいろいろあるのですが
直接的なきっかけは、やっぱり電車。
私も電車に閉じ込められたに近い状態になったことが
あるんですよ〜。


もうかれこれ10年ほど前の話です。
その日、東京は朝から雪が降っていました。
その影響で私が使っていた京王線は架線が切れるトラブル発生、
復旧はしたもののかなり電車に遅延がでていました。

京王線というのは新宿ー八王子を走る路線で、
基本的には上り列車は新宿で折り返し下り列車になる感じです。
だけどトラブルのせいで前が詰まっていたんですね、
新宿からの折り返しもそう簡単にはいかないようで。
雪の影響もあり電車はのろのろ運転で、
信号もなかなか青に変わりません。

その日私は朝からとても体調が悪かったんです。
低血圧のせいもあるし、仕事のストレスもあったし。
なのに電車はすし詰め状態でしかものろのろ運転。
本当に死にそうでした〜。

細かい話で申し訳ないのですがこの京王線、
途中の笹塚という駅で都営新宿線に乗り換えることができます。
電車が笹塚に到着したとき、このようなアナウンスが流れました。
「京王線は前が詰まって大変遅れております。
新宿へお急ぎの方は都営線にお乗り換え下さい」と。
聞いた乗客のほとんどが笹塚で下車しました。

私も降りようと思ったのですが
ホームにあふれかえる人、人、人……
2、3人はホームから落ちたに違いないと思わせるほど
物凄〜い人混みでした。
それをみただけでさらに気分が悪くなり
結局はそのまま京王線に乗り続けることに。

幸い電車は空きました。
座れるほどではなかったけど、余裕を持って立っていられるほどには。
でもね、私は甘かった。
ここから新宿までの辛いことといったら……(涙)

笹塚→新宿は1駅、普段であれば5分ほどの距離です。
だからいくら電車が遅れているといっても
そんなに大したことないだろうと軽く考えていたのですが
電車は少し走っただけで止まっちゃいました。

待てど暮らせど動きません!!

そのうちさらに体調が悪くなってきました。
気持ち悪いし頭がくらくらするし。
多量に汗がでてきてとにかく身体が熱い。
早くして〜という心の叫びは叶えられず
マズイ、このままだと気を失って倒れてしまいそう……
というところまできてしました。

もうね、
ひたすら自分に「大丈夫、もうすぐ動くから」
と言い聞かせてなんとか意識を保とうとしました。
これ、マインドコントロールっていうんですかね?

結局、電車は動いては止まるを3回ほど繰り返し、
笹塚から新宿までは30分かかってしまいました。

たった30分?と思われるかもしれませんが、
いつになったら電車を降りられるか判らない状態というのは
精神的にかなり参ります。特に体調が悪いときは。
しかも笹塚ー新宿間は地下を走ります。
地下で閉じ込められるというのは本当に圧迫感があって
息苦しくなるものです。

せめて座っていたのならマシだったでしょうけど……
あのときは結局立っていられなくてその場でしゃがみ込んでしまい、
親切な近くの人が席を譲ってくださいました。

あー本当に辛かったし怖かった!
今思い返しても手に汗かいちゃいます!!


banner_02.gif ランキングオンライン ←ランキング参加中


posted by しろたえ at 15:08| 兵庫 ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 主婦の目線・主婦の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご心配どうもありがとう。私は無事でした(*´ω`)
電車の過去話
あの脂汗とマインドコントロール(笑)
お腹を壊してる時をおもいだしまひた。
目の焦点が定まらず、表情もなくなり、
かなり怪しい人になってる状態。
ああいう時って周りなんてどうでもよくなるんだよね♪
電車には気をつけてね♪
Posted by Nちゃん at 2006年02月03日 09:29
こんにちは。地下鉄停電のお話怖いですね。
私も閉所恐怖症なのでその気持ちよく分かりますよ〜。最近やっと飛行機も怖くなくなってきたと言う感じです。
Posted by みゅうちゃん at 2006年02月03日 11:10
私も閉所恐怖症です、高いトコも恐いので観覧車なんて最悪なのだけど。
最近ではお顔パックで目にパックされるのも恐い(*_*)
しろたえさんのその経験はトラウマにもなるわーー
毎日地下鉄で通ってる私もいっつもドキドキしながら通勤してます。
Posted by machan at 2006年02月03日 11:48
 昨日は北海道出張のため、6時台に地下鉄に
乗っていましたので、幸いにも難を逃れましたが、通常の出勤だったら、時間帯からして
巻き込まれていたものと思います。
 
 しかし、電車の遅れは私を見逃してはくれませんでした(笑)。というのも、北海道でも
空港−札幌間の電車が雪の影響で遅れ、そのため
時間の余裕が無くなり、お昼ご飯も晩ご飯も食べられませんでした(T_T)

 三宮にたどり着いたのも22時過ぎで、
レストランも閉まっている状態でしたので、
その時間帯でもやっているオイスターバー
に行き、なんとか餓死することを免れました(笑)
Posted by premordia at 2006年02月03日 12:30
Nちゃんさん、いらっしゃいませ〜★
巻き込まれなくてよかったね! って、アンタ埼玉県民やん!!(笑)
そうそう、腹痛の時って辛いよね〜。車内でひたすら我慢……うーん、あれも究極のマインドコントロール♪
まぁ電車乗ってて体調が悪くなっても最寄りの駅で降りれば済むからある意味気楽なんだけど、あの時はね……この辛い状態がいつまで続くの!?とか思ったら、ますます気が遠くなっちゃったんだよね〜。
Posted by しろたえ at 2006年02月03日 23:04
みゅうちゃん、いらっしゃいませ〜★
おお、お仲間がここにも!
飛行機は閉鎖空間ですから辛いですよね。
私もいろいろおまじないをしないと乗れません……(笑)
座席もなるべくゆとりがあるところとか、せめて通路側とか。
Posted by しろたえ at 2006年02月03日 23:05
machanさん、いらっしゃいませ〜★
おお、さらにお仲間が!!
閉所恐怖症って意外と多いのかしら? 高所恐怖症は良くききますけどね〜。
machanさんは両方なんですね、それは辛いですね……。
目にパックするだけで怖いというのはスゴク解ります!
このトラウマ、克服したいんですけどなかなか(苦笑)。
それでも飛行機に乗れるようになったし、先日もロープウェイに乗ったし……少しはマシになってきているようです。
Posted by しろたえ at 2006年02月03日 23:06
premordiaさん、いらっしゃいませ〜★
北海道出張お疲れ様でした。いやいや巻き込まれなくて良かったですね〜。
でも北海道では電車が遅れたんですか。今年は雪が多いですね、いくら雪国とはいえ影響は免れませんね。
三宮って、遅い時間だと食事するところがなかったりしますよね。って私が知らないだけかなぁ? いつも困って結局ファーストで済ませちゃったりするんだけど。
オイスターバーいいですね〜。夫がカキ嫌いじゃなければ行きたいところなんだけど……。
Posted by しろたえ at 2006年02月03日 23:08
電車が止まると5分とかでも長く感じたものです。特に春の出勤中…。
10年前の話、昨日の事の様に忘れられないんですね…
体調悪い時の満員電車は止まってなくても辛いものですよね。
実際、元気でも満員は辛いか…

昔、私も乗っていた電車に人が飛び込んで来た為、ホームが見えているのに
30分程閉じ込められた事があります。
電車はほぼ半分、ホームに入っているんだから、
少しづつ前から出してくれればいいのに〜ってイラついた記憶が残っています。
これが地下だったら私もトラウマになってたかも知れません。
Posted by ハル at 2006年02月05日 03:57
こんにちは。以前にも書き込みさせていただいたフリーマンです。私の周りにも閉所恐怖症の人いますね〜。あと高所恐怖症も!私には幸いトラウマとなるような体験は無いのですが、2003年の8月に滅多に行かない海外出張で遭遇したニューヨーク大停電の時の話です。
3時間近くかけて徒歩でホテルまで戻りましたが宿泊客はみんなロビーや路上で一夜を過ごしました。その時知り合ったドイツ人の家族は真っ暗な地下鉄に2時間以上閉じ込められたそうです。小さな子供3人を連れた彼らの恐怖と不安はきっと大変なものだったんでしょうね。特に奥さんはすっかり参ってしまい、ロビーにすら入れない状態でした。
私の泊まっていた部屋は比較的低い階でホテルはオートロックではなかったためホテルに懐中電灯を借りて部屋へ行き、持っていたチョコレートを子供たちにあげようと下に降りた時には彼らはいませんでした。近くにいた人に聞いたところ近くの教会へ行ったそうですが、今でも彼らがその後どうなったか気になります。
Posted by at 2006年02月05日 17:39
ハルさん、いらっしゃいませ〜★
ハルさんも閉じ込められ体験があるんですね……。
時々ニュースで電車が止まって乗客が閉じ込められている状況が伝えられることがありますが、いつも思うんですよね、何故さっさと乗客を開放しないのかなって。そりゃ危険だからとか安全の確認に時間がかかるからという理由はあるのでしょうが、絶対体調崩しちゃう乗客っていらっしゃいますよね!
でも閉じ込められても、不快ではあるけど平気という方もいらっしゃって、この差はなんだろう?とか思っちゃうんですよね……もしかして私が精神的に弱すぎなの!?とかね。
早くこのトラウマをなくしたいです〜! でないと心の底から楽しんで旅行とか行けない〜(T_T)
Posted by しろたえ at 2006年02月06日 10:41
フリーマンさん、いらっしゃいませ〜★
再びコメントありがとうございます! 嬉しいです。
あの大停電の中のニューヨークにいらっしゃったんですね!
フリーマンさんの体験談、そのドイツの方が遭遇したことを聞くだけで本当に背筋が凍ります!(怖) 2時間以上も、しかも真っ暗な中なんて!! 私だったら気を失っていることでしょう……。
フリーマンさんも3時間徒歩でホテルに戻られたのは大変でしたね。現代のように電気に頼った世界というのはちょっとのことで大混乱に陥りますから本当に怖いですね……。
人為的事故にしろ自然災害にしろ、いつ何時起こるかわかりませんから、私はエレベータや電車に乗るとき未だにちょっと緊張してしまいます。万が一閉じ込められたら……とか考えちゃって。(^_^;)
Posted by しろたえ at 2006年02月06日 10:45
結構、閉じ込められちゃた経験のある人多いんですねぇ〜 私はよくわからないけど、恐怖症になってしまうくらい辛い事なんですね。勉強になりました!
Posted by Nちゃん at 2006年02月08日 10:09
Nちゃんさん、ふたたびいらっしゃいませ〜★
うーん。閉じ込められることを怖いと思うかどうかは人それぞれですよね〜。何で決まるのかしらね? 生まれ育った環境? 単に精神的な強さとかいうレベル??
私は高いところは全然平気なので、高いところが怖いという高所恐怖症の人の気持ちは判りませんが、自分が閉所恐怖症だからこそ恐怖を感じるその感覚はとても理解できます。
人間、何に対して恐怖心を感じるかというのはそれぞれ違うから、発症する恐怖症も違うっつーことなんでしょう。
ちなみにNちゃんは何が怖い?
Posted by しろたえ at 2006年02月08日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。