2006年08月30日

プロの技を教わるパン教室 part4

今回は横着して(苦笑)
7月分と8月分の教室の模様をまとめて報告です〜。

まず7月の教室では、
「パンコンプレ」と「クグロフ」を作りました。

bigot4_4.jpg

パンコンプレは全粒粉の入ったハード系パンですが、
これが感動するほど香ばしい!!
うちでも全粒粉を入れたパンはよく作りますが
ここまで粉の香ばしさを感じたことはありません。
う〜ん、プロの技を感じる瞬間です!

ただ、使う全粒粉にもよるところはあるのかもしれません。
粉の挽き方が影響するのかなと。
うちで使っている全粒粉より、
ビゴさんのところで用意されたものは荒かったような気がします。

クグロフは、
クリスマスなどに食べることの多いパンですね。
ドライフルーツがたくさん入っていて
フルーツの味と香りが楽しめるパンですが、
ビゴさんのところのレシピでは「オレンジフラワーウォーター」を
使っていて、特にオレンジの風味がとてもいいんです!

このオレンジフラワーウォーターっていう素材は
私は知りませんでした。
オレンジの風味付けというとコアントローや
グランマニエなどのお酒で……というのが定番だと
思っていたので、新たな発見でした。
今は高値だけど昔は安価で手に入ったものだとか。
ビゴさんはおっしゃってました。

ちなみにこのオレンジフラワーウォーターは
一番最後に生地に加えます。
なんと、バターよりあと、ドライフルーツと一緒にです!
そのため生地は物凄くべたつきます……。

bigot4_5.jpg
↑ベタつくビゴさん(笑)。

bigot4_6.jpg
遊びごころとして、カスタードプリンを紹介してくださいました。
私はプリンというと蒸しプリンしか作ったことがないのですが
(蒸し器で蒸すやつね)
今度オーブンで蒸し焼きにトライしてみようかな。


続いて8月の教室。
「山型食パン」と「パンアラトマト」を教えていただきました。

bigot4_1.jpg bigot4_2.jpg

山型食パンはとってもシンプルなパンだから、作る前は
「楽勝だわ」と密かに思っていたのですが、
シンプルだからこそ……難しかったです〜、成形が。
生地を丸く締めるだけ。そして3つを型に入れるだけ。
でも完成品はなんだか妙な感じに。
真ん中の山だけ少し低いんですよ(笑)。
生地の締め方が悪かったのか、型への置き方が悪かったのか。

教室から持ち帰った生地を自宅で焼いたときも
きれいな山三つにはなりませんでした。
ただ、自宅の場合はオーブンの火力の影響もあるようでした。
場所によって、火加減が強いところもあるのでね。

パンアラトマトは、
セミドライトマトが入ったハード系のパンです。
ドライトマトというのはよく市販されていますが
セミドライというのはあまり見掛けないので
自宅ではドライトマトをオリーブオイルにつけ込んで
少し柔らかくしてから使うと良いとのことでした。

丸い形に成形をし、上には星型で抜き取ったへたを
乗せます。トマトっぽいでしょ?(笑)
ちなみにへたの部分はミックスハーブを練り込んだ
生地になっています。
レシピではバジルとなっていましたが、ビゴさんのお店では
オレガノやローズマリー、タイムなどなど7種類をミックスして
使っているのだとか。
そのためかほんのり爽やかさを感じ、トマトとも良く合ってました。

bigot4_3.jpg
遊びごころはソルベです。
パパマンガピューレ(パイナップル、マンゴ、パッションフルーツ)
を使った「エキゾチック」というソルベと
フランボワーズピューレを使った「フランボワーズ」ソルベの
2種類です。
以前、アイスクリームを遊びごころで食べさせてもらったときも
感動したのですが、冷菓子類というのは出来上がり直後が
とっても美味しい!!


私のアバウトレポよりも詳しく書かれている
しっぽさんの記事はこちらからどうぞ〜。
7月分
8月分
私もこれ読んで復習させてもらってます(笑)。
いつもありがとね〜♪

ビゴさんのパン教室、過去記事はこちらから。
プロの技を教わるパン教室(06年04月22日記事)
プロの技を教わるパン教室 part2(06年05月13日記事)
プロの技を教わるパン教室 part3(06年06月25日記事)


banner_02.gif ランキングオンライン ←ランキング参加中


ラベル:パン教室
posted by しろたえ at 19:06| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 主婦の目線・主婦の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも思いますが、しろたえさんの
パン記事はほんとおいしそうですね♪
すごいなあ。
こんなの作っちゃうんですね〜。
尊敬です。お教室で生地もわけてもらえる
んですね。お家で焼いたら、出来立て
食べられますよね。いいなあ。(笑)

Posted by ぽてと at 2006年08月30日 21:10
おおっついに更新!最近少し涼しくなったから?(笑)
ほんとにこの2回は汗だくでしたね。おつかれさまでした。
そして毎度毎度ほんとにお世話になりました。
べたつくビゴさんにウケました(*^。^*)
わたしが説明できなかった部分をきっちり解説されてるわ。
トラバ返ししちゃいました〜。
Posted by しっぽ at 2006年08月30日 23:02
今回も美味しそう♪
全粒粉の入ったパンって好きです。
多すぎると膨らまなかったりとか難しくなかったですか?
クグロフもそんなにべたつくのならもっと難しそう(゚o゚)
みんなみんな美味しそうで、でも一番食べたいのはプリン!

Posted by machan at 2006年08月31日 13:37
ぽてとさん、いらっしゃいませ〜★
いわゆる下手の横好きってやつですね。(^^ゞ
夏の間は暑くて作る気にはなれないのですが、よく自宅で作ってます。
教室ではパンの生地捏ねと成形の実習があるのですが、時間の関係か、成形を先にやることになります。
つまり本来の工程と逆なんです。
そのあとで生地捏ねを行い、その生地をお持ち帰りして家で焼くわけですが……お店で焼いてもらったのとは雲泥の差で、毎回愕然とします(苦笑)。
Posted by しろたえ at 2006年08月31日 17:19
しっぽさん、いらっしゃいませ〜★
すっかりブログ更新をさぼっておりました〜(笑)。
暑いから勝手に夏休みをとっていたことと、細々とした用事が重なってしまったことで、気がつけば2週間以上もほったらかしに!

教室では毎回お世話になってます〜。とにかく暑かったですね!
パンには最適だと言われても、あの暑さには耐えられないと思いました。
少なくとも私はパン屋さんにはなれないことがあれでわかりましたよ(笑)。

TBありがとうございます〜♪
Posted by しろたえ at 2006年08月31日 17:20
machanさん、いらっしゃいませ〜★
全粒粉パンはあの香ばしさがたまりません!
たしかに入れすぎるとグルテンが発生しづらくなって膨らみませんよね。
一緒に使う粉にもよりますけど、私はだいたい粉の20〜30%くらいの全粒粉を入れています。
ビゴさんのパンコンプレではかなりたくさん入れられていました。
プリン、美味しかったですよ〜。
この時はコーヒーエッセンスという、コーヒーを入れて作ったカラメルをかけていただきましたv

Posted by しろたえ at 2006年08月31日 17:21
 今回のパンも美味しそうですね〜(*^_^*)
ああ、22時過ぎているのに、何か食べたくなってきてしまった。。。。(笑)
Posted by premordia at 2006年09月01日 22:39
premordiaさん、いらっしゃいませ〜★
いつも夜にいらっしゃることが多いですから、なんだか申し訳ないです……てか、お腹空いてる時間に来ちゃだめですよ〜!(笑) 最近はパンの記事が多いんですから〜。
でもお仕事が終わってからだとどうしても夜になっちゃうんでしょうね、きっと。
お疲れ様です。m(_ _)m
Posted by しろたえ at 2006年09月02日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ビゴさんのパン教室・8月
Excerpt: 今月のパン講習は、山食とパン・ア・ラ・トマト。 20cm位の長さのアルミケース...
Weblog: anatra mandarina
Tracked: 2006-08-30 22:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。