2006年10月13日

ズボラ主婦がかぼちゃプリンを作ると

味覚の秋です。
洋菓子店でもかぼちゃやさつまいも、栗などを使った
スイーツを見掛けますよね〜。

先日、但馬からの帰り道に坊ちゃんかぼちゃを購入したのですが
(06年10月05日記事)
これを見ているとどうしても作りたくなってしまいました。

かぼちゃプリンを!
しかも、丸ごとかぼちゃを器に使うタイプのをね!!

さあ、ここで当ブログの賢明な読者ならお判りでしょう、
しろたえの基本属性は面倒くさがり&ズボラ。
そんなプロが作るようなプリンに挑戦だなんて
はっきり言って、無謀です!!

どうせ失敗したんでしょ、と思うでしょ。
いやいや為せば成るんですよ。
ほら見て下さい〜!

pumpkin_pudding.jpg

これがしろたえ作かぼちゃ丸ごとプリンです♪
プリンの部分が二層になってオシャレでしょ〜。

……なんてね。
実はこれ、わざわざ二層にしたんじゃないんですよ。
勝手に分離しやがったのですよっ!

うわーんっ!(>_<) やっぱ失敗かよっ!!

そりゃね、なんとか見た目はかぼちゃプリンだし、
中身も取り敢えずは食べられるものに仕上がった。
だけどねだけどね、なんとか誤魔化してますけどね、
失敗品であることには間違いないのですよーーーーっ!

……そもそも最初から躓きはあったのです。

さて作ろうとかぼちゃを取り出すと、保存状態が悪かったのか
一部にカビが生えていたのです……。orz

でもまぁ、ほんの一部だし取り除けば問題なさそう。
器にするつもりですからなるべく小さい範囲だけを取り除きました。
ふふふ、問題クリア♪

続いてかぼちゃをくりぬくためにレンジにかけます。
5分くらいでしょうか、
ほんの少し柔らかくなったところで取り出します。
熱いからミトンを着けて、取り出し……

…………

…………あ、熱っっ!!

ミトンなんぞ効かないくらいに熱かったので
なんと、私はかぼちゃをテーブルの上に落としてしまったのです!!

さぁ、賢明な読者なら何が起こったのかお判りでしょう、
衝撃でかぼちゃのお尻は見事に割れました。orz
これでは器には使えませんーーーっ。

……普通ならここで諦めますよね、
しかし、しろたえは続行します!
もともとズボラ主婦というのは、ちょっとやそっとの失敗は
気にしないという性質を持っているのですよわっはっは(笑)。

さあどうやって器を修復しましょうか?
セロハンテープを貼るわけにはいきません。
焼きの温度は低いとはいえ、
どれだけの耐熱性があるのか分からないしね。

輪ゴムをかけてかぼちゃの周囲を締めてみました。
でも水漏れを防げるほどに割れた部分を閉じることはかなわず。

かぼちゃの周りをホイルで覆ってみました。
あ、これなら大丈夫そうじゃない? コレで行こう。
私は安心してプリン液作りに着手することに。

まずはかぼちゃの中をくりぬきます。
プリン液に混ぜる分ですね。
すでに割れている器をこれ以上壊さないように慎重に……

って、無理です〜っ!
ほんの少し、中をスプーンで削っただけで
割れている部分が崩壊していきそうです。orz

もういい! かぼちゃは少しだけ混ぜることにして
とりあえずプリン液を作ろう。
私は牛乳、卵、砂糖、それにちょっと豪華に生クリームを
加えたプリン液を作りました♪
かぼちゃも加えて……うん、イイカンジ!

いざ、かぼちゃの中にプリン液を注ぎ込みます!
ホイルから洩れたときのことを考え、
かぼちゃはボールの中に入れておきました。
ぴったりの大きさのボールがあったのです。

少しずーつ、少しずーつ。うん、なんとかなるかな。
なんとか…………って、わおっ、なりませんでしたー。(T_T)
ホイルはプリン液に弱し。
ボールのなかにプリン液が広がりはじめました〜。orz

ここで賢明な読者なら以下同文。
しろたえはもちろんめげません。
ホイルをはずし、そのままオーブンに入れちゃいました!

もはや
かぼちゃを器にしたプリンではありません。
プリンの中にかぼちゃが浸かったプリンです!!(爆)

しまった。写真とっとくんだったな。
かぼちゃがプリン液の風呂に浸かるところなんて
滅多に見られない光景だよね。

まぁ、そうして出来たのが上の写真のプリンです。
かぼちゃの皮がなんとなく汚れているのは、
プリン液が妙に少ないのは、このせいだったのです。
そして、原因不明の分離が発生しました。
混ぜたかぼちゃの量が少なかったからでしょうかね?

イイカゲンで面倒くさがりのしろたえがお菓子を作ると
往々にしてこんな感じなのです。
お菓子作りってね、丁寧さが必要だし
几帳面な性格の人の方が向いているんですよね。

お菓子作り好きなのに、
それこそ子供の頃からの夢だったオーブンを手に入れて
(このくだりは05年12月28日05年12月29日記事をどうぞ)
いくらでもお菓子が作れる環境なのにね。
性格的に向いてないという…………(苦笑)。


banner_02.gif ランキングオンライン ←ランキング参加中


posted by しろたえ at 16:44| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 主婦の目線・主婦の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずぼら?
いえいえ、とんでもない。
次々と発生する障害にもめげず、目的を達成しようとするその姿は、すごい情熱の人という印象です。

お菓子分野のキュリー夫人かと(笑)。
Posted by premordia at 2006年10月14日 08:40
premordiaさん、いらっしゃいませ〜★
ありがとうございます〜。
今回は失敗を乗り越えなんとか形になったケースをご紹介しましたが、なんとかならなかった場合もたくさんあります(苦笑)。
却って手間がかかることが多いから、最初から丁寧にやればいいのにって、いつも思いますよ。
でもこの性格は直らないんですね(笑)。
Posted by しろたえ at 2006年10月14日 22:33
すごい、すごすぎる…
しろたえさんてば執念の人!でもおいしそうよ〜食べたいです。

わたしは昔、丸々のでっかいかぼちゃをもらってしまい、
いっぺんに使い切れっこないし、カットして種とってきっちり
ラップしても絶対カビるな〜と思ったので、固めに蒸して
保存してみようかなと、がんばって半割りにして蒸したところ、
持ったら崩れる物体になってしまったことがありますよ、
蒸しすぎてね…泣。
途方にくれたあげく、手で厚い皮を、拾うかんじで分離して、
パンプキンパイを作りました…ちょうど今の季節です。
だから妙に仲間意識持っちゃいました(笑)。
Posted by しっぽ at 2006年10月16日 16:43
しっぽさん、いらっしゃいませ〜★
ホント、いつもイイカゲンで……(苦笑)。普段の食事も実はこんな感じなので「あれ、今日の味噌汁は薄いなー」とか、料理の味付けが時々変なことがあります。夫が可哀想……(笑)。
料理上手のしっぽさんにも失敗の経験があるとは! かぼちゃってちょっと油断するとかなり柔らかくなっちゃいますよね〜。時々煮物を作っていて煮崩れることがあります。
今回のプリンでは、丁度良いくらいに火が通っていて、ベストタイミングでレンジから取り出せたんですよ。ただ、熱さに油断がありまして……。なんとも私らしい失敗だなーと自分でも笑っちゃいました。
Posted by しろたえ at 2006年10月17日 14:19
すごいすごい!しろたえさん。
失敗作でもいい。東京まで送ってください(笑)
だって、くりぬくのからして大変じゃないですか。かぼちゃって。
なんか読んでて、う〜ん私には無理って思っちゃいました(笑)(だって、とてつもなく熱そう)
また、作ったら記事にして下さいね〜。
Posted by ぽてと at 2006年11月04日 21:38
ぽてとさん、いらっしゃいませ〜★
かぼちゃプリンは私のような横着モンには不向きのお菓子ですね〜(笑)。
普通のプリンならともかく、おっしゃるとおり、くりぬきは結構大変ですしね。
でも見た目はイマイチですが、味は良かったですよ。
かぼちゃを器として使おうなどと考えなければ、かぼちゃプリンは家庭で手軽に作れる美味しいスイーツです♪
Posted by しろたえ at 2006年11月06日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。