2006年12月25日

手作りクリスマス☆

メリークリスマス!!

我が家のクリスマスケーキは宣言通り、今年は手作りです♪
先日のビゴさんの教室で習った(06年12月17日記事
ロールケーキに昨日、挑戦しました〜!

xmas06_2.jpg

いかがでしょうか。
なんとかクリスマスらしいケーキになったかな〜。

スポンジ部分は「ビスキュイ・ジョコンド」といいまして
アーモンドプードルが入ったものになります。
クリームは「クレーム・オ・ブール」……つまりは
バタークリームでございます〜。
それにプラリネ(アーモンドペースト)とラム酒を加えて
大人の味に仕上げています。

で、味ですが。
自画自賛で申し訳ないけど、すんごく美味しかった!!(笑)
ただちょっとスポンジが焼きすぎだったかな?
最初オーブンから出したときは焼き足りないようだったから
もう一度温度を下げてオーブンに入れたんだけどね。
ロールケーキって生地が薄い分、焼き加減が難しいような気がします。
私、まともにロールケーキが作れたのはこれがはじめて(笑)。
これまで失敗ばかりでしたから、実はちょっと嬉しい♪

バタークリームも、前回のような戸惑いはなく(06年01月09日記事
今回は上手に作れました。
この1年、パンだけでなくお菓子作りもそれなりに勉強したから
なんとなくコツが掴めてきたみたいです。
柔らかくてまったりとした、優しいクリームに仕上がりました!

このブログで何度も書いておりますが
バタークリーム、特に私たち世代には誤解や偏見が
根強く残っているように思います。
私はそれが悲しい……。
生クリームと同様、バターだって牛乳から作られるもの。
なのにこの差別は何っ!?
材料費だって同じくらいなのに〜。(>_<)

ということで、みなさま。
機会がありましたらぜひバタークリームのケーキも
食べてみて下さいね。
でもイメージが悪いせいか、敢えてバタークリームだと
説明書きせずに売られていることが多いかもしれませんけど。


さて、クリスマスのもう一品。
こちらも先日のビゴさんの教室で教わったもの、
「パネトーネ」です。
イーストを使わずルヴァン種のみのパンです!
イブイブの、23日に作りました。

xmas06_1.jpg

パネトーネ専用のカップは用意できなかったので。
100均で売られているカップケーキの紙型を代用。
そのせいか、なんか雰囲気が違う……別物のパンみたい(笑)。

前日に中種を作り、当日は朝から取りかかりました。
でも焼き上がりは夜に。
やっぱりかなり発酵に時間がかかりましたね。
ビゴさんのレシピによると、このパン、
二次発酵(最終発酵)にかなり時間をかけるのです。
同じルヴァン種で作る「パン・オ・ルヴァン」なら
せいぜい1時間ほどなんだけど、これはなんだかんだと
半日くらいかかったかなぁ。

味はビゴさんのものとはちょっと違いましたけど
それは配合しているドライフルーツの割合が違うから。
私が使ったミックスフルーツには胡桃も少し入っていて
それが香ばしくて結構美味しかったです♪


banner_02.gif ランキングオンライン ←ランキング参加中


posted by しろたえ at 16:13| 兵庫 | Comment(9) | TrackBack(0) | 主婦の目線・主婦の知恵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケーキ、すごー!!Σ(゜口゜
これは手作りケーキとして売り物になりそう。。。
生まれてこの方こういう横長のケーキって食べた事ないんで、
すごくそそられますね〜^^

うちも嫁さんが子供と作るぞーと意気込んでましたが、
22日からケーキ続きだったので断念したようです(笑)

もうすぐ終わっちゃいますが、メリークリスマス!


Posted by chitose at 2006年12月25日 19:02
chitoseさん、いらっしゃいませ〜★
メリークリスマス!
ケーキ褒めて頂けて嬉しいです。
でも実は隠れている部分で結構失敗があったりするんですよ〜(笑)。
やっぱりプロのようにはいかないですよね、クリームがきれいに塗れなかったり、スポンジの厚みも均一じゃなかったり。

横長のケーキ、ブッシュ・ド・ノエルはクリスマスケーキの定番ですが、やっぱりいざ買うとなるとまあるいケーキに目がいっちゃいますよね〜。
でもバタークリームの横長ケーキも結構おいしいので機会があったら食べてみて下さいね。
あるいはお子さんと一緒に作ってみても♪
Posted by しろたえ at 2006年12月25日 21:55
うおーっノエルだ、ノエル!
パン教室part8の遊びごころで紹介されてた「ブシェット」、
何種類か東京のビゴにもあったわ〜。すごいかわいいね〜、あれ。
しろたえさん作のブッシュは、平たい口金でしぼってるの?
いい雰囲気。しらかばみたいよ。ビスキュイ、きれいに割れもせず
巻けてるし、焼きすぎじゃないと思います。おいしそう。
パネトーネも、ちゃんとビゴさんレシピにトライ?すごすぎ!
Posted by しっぽ at 2006年12月25日 23:47
追記…
ミニりゅうくんの赤い服も、もしかして手作り?
Posted by しっぽ at 2006年12月25日 23:48
美味しそう〜♪
じゃあ来年は「しろたえ商店」でケーキ希望!(もっとオシャレな名前なかったの?!m(__)m)
昔のバタークリームのケーキはきっとヤマ○キとかの日持ちさせるための添加物いっぱいのケーキだったからまずかったのよ!
ビゴさんのバタークリームとかだったらきっと美味しいだろうなーって思う。
バター好きのミーシャもウマウマだわ!

パネトーネも見た目は前にしろたえさんが言ってたようにパンのようね!
好きです、パネトーネ!でも意外とお高いのよね^_^;
Posted by machan at 2006年12月26日 13:20
しっぽさん、いらっしゃいませ〜★
そうです、ケーキの模様は平たい口金(多分、バラを作るときに使うもの)で塗っていきました。
ビゴさんのお店では平たくてギザギザになった口金を使ってましたけど、うちにはなかったので。
パレットナイフで伸ばそうかとも思ったんですけど、不器用な私がやるととんでもないことになりそうだしね〜(苦笑)。
しらかばっぽい? いやーなんとか切り株に見えてよかったですわ。最初はブッシュ・ド・ノエルというよりは、ただのロールケーキっておもむきでしたから……(笑)。

パネトーネはビゴさんのレシピに若干アレンジを加えていますが、ほぼ習ったとおりに作りました。
でもほら、捏ねるのは機械任せだからね、あのべたべた生地もあまり触らない方向で(笑)。

ミニりゅうくんのサンタ服、かわいいでしょ♪
ミニりゅうくんを作ってくださったハルさんが、オマケに作ってくれたのです!
よかったらこちらの記事をみてみてくださいね。
http://kobe-resident.seesaa.net/article/10285930.html
Posted by しろたえ at 2006年12月26日 17:38
machanさん、いらっしゃいませ〜★
せめて「パティスリーしろたえ」と呼んで♪ いや、ずうずうしいか(笑)。
そうそう、ヤ○ザキとかのクリームってホントおいしくなかったですよね。
きっとマーガリンのような代用バターだったんじゃーないかと。
いくらと称しつつも人工いくらが回っている回転寿司のようなものね(笑)。
でもそのくせヤ○ザキの「マーガリン&小倉」パンは好きだったりするんです〜。

パネトーネ、高いのは仕方ないかも……。
作れば安くつくけど他のパンにくらべると材料費がかかるような気がします。
卵黄たっぷり、ドライフルーツたっぷりなので。

Posted by しろたえ at 2006年12月26日 17:40
(≧∇≦)キャー♪
しろたえさんのお家のクリスマスは素敵ですね〜
私もごちそうになりた〜い。
ケーキ作り苦手なんですよ〜
たぶん、相方の方がうまい(笑)
そして、パネトーネもおいしそうですね
パネトーネ大好きなんですよ〜おいしいですよね♪
Posted by ぽてと at 2007年01月06日 21:28
ぽてとさん、いらっしゃいませ〜★
クリスマスだからといって特別にツリーを飾ることも、豪華な料理を作ることもありませんので、せめてケーキだけはとがんばってみました!
ケーキ作りは私も回数を重ねてようやくまともなものが作れるようになったという感じです(苦笑)。
何事も、やっぱり練習が必要ですね。
パネトーネ、美味しいですよね!
このパネトーネは自家製天然酵母でじっくり発酵させていますから特別に美味しいんですよ〜♪
Posted by しろたえ at 2007年01月08日 16:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。